22番寺【平等寺】 四国八十八ヶ所霊場をお遍路さん巡礼の旅(徳島県阿南市加茂町龍山2)

平等寺

スポンサーリンク




前回記事アップしてから、ほぼ一か月ぶりの投稿です(;´・ω・)

サラリーマンだけに、そこそこ忙しく残業やらせてもらってます(笑)

21番太龍寺 ⇒約11.7キロ⇒ 23番薬王寺

ささっ参りましょう!

山門です。

平等寺

山門を抜けると

山門から本堂まで綱が!!

平等寺

こんな感じです。

平等寺

てことで、一回下に戻ります。

平等寺

■空海伝記■

寺伝によりますと、空海さんがこの地に厄除け祈願で訪れたそうです。

その時、五色の雲がわいて出て金剛界大日如来の梵字が黄色に現れたそうな。

更に!その端相(ずいそう)※吉兆

に加持すると薬師如来像が浮かび上がったそうです。

んで、錫杖でその場に井戸を掘ると乳白色の水が湧いたそうな~。

その水で身を清めて、100日間修行をしました。

そこで、薬師如来を刻んで本堂を立てて安置しました。

寺名は、この霊水で人々の平等な幸せを願い、また、平等に人々を救済する祈りを込めて

【平等寺】と称されることとなったそうです。

なんか、温かい寺名ですな!

ありがたい!

平等寺

空がとても近く感じるお寺さんでした。

平等寺

↓「えっへへぇ~♪」

平等寺

↑水どうの影響ですね(笑)

みなさんも結構やってるんでなかろうか!?

 

次の23番のお寺で、徳島は最後です☆

K2でした。

⇒ 動画集はコチラ

霊場名

22番札所 平等寺
(第22番札所 白水山 医王院 平等寺 はくすいざん いおういん びょうどうじ)

特徴

■箱車■
コチラ平等寺の本堂には箱車が3台奉納されています。大正・昭和の時代のこと、お医者に見放された足の不自由な人が巡礼を始め、この寺で霊験をさずかって足が治ったため記念として奉納されたそうです。この寺は特に健脚に霊験あらたかといわれています。
■本堂の天井絵■
本堂の天井にはたくさんの草木を描いた天井画があります。遥か昔の建立時代が過ぎ去った今でも、色鮮やかな天井画が見られます。

住所

〒779-1510
徳島県阿南市新野町秋山177

電話

0884-36-3522

駐車場

普通車30台・マイクロバス、大型5台
午前7時〜午後5時・無料

宿坊

ないと言われていますが、実は予約制で3組位受けてくれるとか、そうでないとか。
気になる方は電話してみてください(笑)

地図
Google

スポンサーリンク