4番寺【大日寺】 四国八十八ヶ所霊場をお遍路さん巡礼の旅(徳島県板野郡板野町黒谷字居内28番地)

大日寺

スポンサーリンク




3番金泉寺 ⇒(約5.0km)⇒ 4番大日寺(今ココ)

一泊しまして、引き続きお遍路さんのK2です。

め~っちゃ天気良くて、気持ち良いです!

靴からサンダルに変えたんです。

だって、暑いんだもん。

 

さて、4番寺の大日寺へ。

大日寺 大日寺

他の参拝者の方を写さないよう気を付けてますが、なかなか^^;

早速手を洗いますね。

写真には写してないけど、東京からお遍路してる女性2人組に絡まれました。

年齢を当ててくれと言われるので、「う~ん、とてもチャーミングだから、8歳位?」と言っときました。

見るからに30代の女性に、ジェントルでしょぉ?

結構、東京お遍路者は多いみたいですね。

 

本堂と大師堂と参拝するんですけど、

できれば、本堂からが良いそうで・・・。

大日寺

でも、ツアー参拝の方も多く、どっちからでも良いそうですよ。

大日寺

渡り通路にはガラス張りの窓があって、その中には↓↓↓

大日寺

青?紫?の金剛像が。

説明↓

大日寺

もっと近くで見たいけど、貴重なんでしょうね。

やはり拝んどきました。

その渡り通路を抜けて↓

終了でございます。

 

大日寺の本尊は住職でも住職交代の折の人生2度しか見られない秘仏とされてるらしいです。

室町時代の大作、前仏と同じ大きさで金色に輝いているそうな。

その本尊が修繕を期に2017年の3月から12月の毎月28日開帳されたとのこと。

 

今日は色んな人と交流できました。

お遍路話と言いますか。

なんか仲間意識も芽生えるし。

しかし、快晴っすね。

大日寺

本日1発目からノリノリです(笑)

5番寺に続きます~。

霊場名

4番札所 大日寺
(黒巌山 遍照院 大日寺 こくがんざん へんじょういん だいにちじ)

特徴

■鐘楼門■
朱塗りの山門で、上部が円柱の鐘楼となっていて、1階は角柱という珍しい造り。(2018年春に新たに新山門が建立される予定)らしいです。
■西国三十三観音像■
本堂と大師堂をつなぐ回廊全体にわたって江戸時代中期(寛政2年/1790年)より西日本を中心とする複数の信者より寄進された。木造の観音像は、西国三十三観音霊場にちなんでいるらしいです。
■蛤水■
手水舎の水は、かつては蛤の汁のようにうっすらと白濁した水が湧きだし、この水を飲むと胃腸によいとされていた。現在では、衛生の観点から上水を利用している。寺院横の川では、地質上の理由と見られる白濁した水が今でも見られるらしいです。
■ハガキになった樹の葉■
参道にある「多羅葉樹」。葉に爪などで願いごとを刻むと樹液が変色し、ハガキ代わりになったといわれているらしいです。

住所

〒779-0113
徳島県板野郡板野町黒谷字居内28番地

電話

088-672-1225

駐車場

普通20台・マイクロバス/大型5台
午前7時~午後5時・無料(←やっぱり無料がいいです)

宿坊

なし

地図
Google

スポンサーリンク